キリスト教の「愛の精神」に基づいて、一人一人の人格を尊敬と
                 愛情を持って、受けとめるようにつとめています。学校教育法、
                 モンテッソーリ教育法を総合的に取り入れ、幼児それぞれの発達に
                 応じた自主活動を行い、適切な手助けと環境を提供します。
                   そして、楽しい集団生活の中で、個々の健全な心身の発達と、豊かな
                  体験を通し生きる力の基礎を培います。又、基本的な生活習慣態度
              を育み、豊かな心情、思考力を養い、意欲や思いやりのある子どもに
             育てます。

   
    カノッサ修道女会創立者
  マダレナ・カノッサ像         
                      創立者のことば

                           愛をもって教育しなさい。
                           イエズス・キリストが人に仕えるために、
                            この世に来られたように、
                           私達がこの世にいるのも、
                           生徒たちに仕え、愛するためなのです。
                           (教育に対する勧めより)   



                こんな子供として卒園されるのがわたしたちの願いです。
                     
              思いやりのある、やさしく元気な明るい子供
             礼儀正しく「おはよう」「ありがとう」「ごめんなさい」と挨拶できる子供
            自ら進んで物事に取組み、自分で考え、工夫してやり遂げられる子供
           友達と力を合わせて頑張る子供
           生き物をかわいがり、物を大切にする子供
           丈夫な身体と強い心の子供


トップページへ           モンテッソーリ教育へ