モンテッソーリ教育とは
                                                                    

マリア・モンテッソーリ
(1870〜1952年)





     モンテッソーリ教育法は、創始者 マリア・モンテッソーリ女史の名にちなんでつけられました。
      女史は、1870年にイタリアに生まれ、1896年医学博士となり、障害児治療・教育から、
      心理学・教育学へとすすみE・セガンの著書を実践し、成果を上げました。
      その後この教育を幼児教育に転用するため、ローマ大学で学び、子供の真の姿を発見し、
      具体的な指導法を考案しました。
     その教育の主眼は、「わたしたちがひとりでできるようにてつだってね。」という 子供の心から
      の強い要求に応えることです。そのためには、子供に適切な環境(教具・教材)を与え、
      そして教師は、子供の要求に気づき手助けをします。
     この環境の中で子供達は、「日常生活」「感覚」 「言語」「数」等を総合的に取り入れ、
          自主性と集中力、創造性を培っていきます。
          このように環境から、子供自ら自己形成をしていくことが、モンテッソー リ教育なのです。
                          

     モンテッソーリ活動(一部)   

                    
      日本地図                靴を磨く                 赤い棒
    
感覚教育(文化の理解)     日常教育(一連活動の順序と秩序)  感覚教育(視覚・長さの長短の識別)
    
       時計               数字と玉                 絵合わせのカード 
   
数の教育(時計の読み方)   数の教育(数と量の一致・奇数偶数の認識) 言語教育(物と文字の一致   
       
       縫いさし               野菜の皮むき                              生命の歴史
   日常教育(運動の調整)     日常教育(一連活動の順序と秩序)   言語教育(生命の始まりと進化)

トップページへ戻る          横割保育へ